ユダヤのタルムード600_03

ここでしか買えない貴重な書籍! 「ユダヤのタルムード」

¥3,600 (税込)

📖試し読み
著者名:デ・グラッベ
譯編:久保田 榮吉
監修:中丸 薫、池田 整治
単行本ソフトカバー 〜絶賛発売中〜

商品カテゴリー:

商品説明

 ユダヤ人は『旧約聖書』+『タルムード』――その聖なる経典『タルムード』の一部に記された惨すぎる掟を、我々はどう受け止めればよいのか?
“狂ってる!”と言って切り捨ててしまえば、それで済むことなのか?
それは人類に等しく秘められた奥深き心の闇として、乗り超え、統合すべくものとして与えられた試練なのかもしれない!

 《パリサイ派はユダヤ人にタルムードを授けて、之をもつて彼等の心に世界と其の物質的資材とを領有する希望のみならず、其の出生の優越性によつて彼等が此 の權に豫定せられたものであり、他の總ての人々の禽獸的天性は、之を只だ奴隸の地位に豫定するのみであるとの意識を植附けたのである。
「タルムード」は、世の末に至つてユダヤの王なる救世主が現はれて、王の乘座せる其の馬車の車輪の下に總ての『ゴイ』等を轢き潰ぶす時に生ずべき種々の出來事の豫言を以つて滿たされてゐる。此のタルムードによれば、
 その時大なる戰爭が起る。そして「ゴイ(豚)」の三分の二は滅する。》
(一部抜粋、本書では総ルビになっています。歴史的経緯も含めての貴重な情報となっています)