猶太下

ユダヤシリーズ新刊!「猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈下〉」

¥3,600 (税込)

📖試し読み
著者名:四王天延孝
監修:板垣 英憲
単行本ソフトカバー 〜絶賛発売中〜
ISBN:978-4-908878-02-2

amazon購入

商品説明

このような見解も存在していたのか!?
戦争当時の様相がわかる貴重な文献。本書におけるユダヤとはもちろんユダヤを仮装する国際金融業者のことであろう。日本とユダヤの真の和合の研究のために役立ててもらいたい。

◎ 第一次世界大戦の真の原因が解明されぬまま、全世界は第二次世界大戦へと導かれた…
戦争による利益を占めたのは国際的金融業者たるユダヤ人。
戦争を起こし、世界の金を支配し、戦争を終わらせるのもユダヤ人。そんな戦争メーカー・ユダヤ人に平和撹乱者に仕立て上げられてしまった日本。当時の日本人に対する渾身のメッセージが込められた一冊。

◎ 第一次世界大戦で大活躍したのはユダヤ・フリーメーソン。そして、第二次世界大戦はその第二幕。
◎ ユダヤ人は第一次世界大戦をヨーロッパにやらせ、莫大な金を巻き上げ、その金で第二次世界大戦を開始した。
◎ 日露戦争におけるユダヤの日本に対する財政的援助は、ロシアを打ち負かし、ロシアにいるユダヤ人を解放するため。そして、ロシア革命はユダヤ人が仕組んだ!
◎ ロシア革命だけではなく、歴史上の大きな革命の陰には必ずユダヤ人がいる。
◎ ユダヤ人は世界の救い主たる使命を持っていると称しているが、世界の火付人足、腐敗係、破壊係、撲殺係にすぎない。
◎ パレスチナ問題は第二次世界大戦の原因をなすものであり、パレスチナの復興はシオン運動の実際化、「ユダヤ国」建設の第一段階。
◎ 「国際連盟」はフリーメーソンとユダヤの合作。第一次世界大戦の目的はすでに国際連盟の創立であり、国際連盟華やかなりし時代における大幹部の中には数多くのユダヤ系が。
◎ ユダヤ民族は第二次世界大戦によって全世界を疲弊の極みに陥れ、金権によるユダヤ支配に邁進し、大ユダヤ国を造ろうとした。
◎ 日本を倒さなければフリーメーソンの目指す世界共和国は完成しない。満州事変は第一段階、支那事変に発展させ、世界大戦につなげ!
◎ 第二次世界大戦を始めたユダヤ人は、国際連盟の改造強化を狙っていた。ユダヤとフリーメーソンの合作である国際連盟が権威を失墜し、世界支配の機関としては役立たないと判断したのだ。
◎ 国際連盟を創立するために第一次世界大戦が必要であった。そして、増強するためには次の世界大戦が必要だ!
◎ 米国では、ラジオ・フィルム・新聞・雑誌がほとんどユダヤに属していた。これらの宣伝により、ヒトラー及びナチスは世の中の最大の悪で、最大の危険物と見做された。
◎ ユダヤ人は欧米を団結して日本を攻撃させようとした。日本がドイツ同様、世界の袋叩きにあう準備は整った。
◎ ユダヤ民族は自分たちを踏みつける人々の踵に必ず喰い付く。世界の政治家や平和の天使がいかに熱心になろうとも、ユダヤ人は世界を平和にしておかない…
◎ 歴史はユダヤ民族が決して他民族と同化し得ないことを立証している。
◎ 日ユ同祖や英ユ同祖など、各国をユダヤの分家のように取り扱うことはユダヤの世界統一への下工作。
◎ ユダヤ民族の舌は毒矢の如し、口に平和を唱えつつ、ひそかに落とし穴を造る。
◎ 日本人はユダヤ戦争と称する大国難を突破克服しなければならない!

両民族は互いの長所と欠点を補い合ってーーともはつよし社は「日本とユダヤの結び」をつよく望んでいます!