〜発売中〜「孝明天皇と大本裏の神業《下》」

¥3,600 (税込)

📖試し読み
著者:伊達 宗哲
単行本ソフトカバー 〜発売中〜
ISBN:978-4-908878-06-0

amazon購入

商品カテゴリー: ,

説明

今後いかなる大変動が地球にもたらされようとも「救世は確約」されている……
大本裏の神業の核心的意義に迫る究極の一冊
大本裏の神業を生涯かけてやり遂げた集団は、神狂いの理解不能の奇人変人集団だったのだろうか、
妄想狂の人々だったのだろうか……本書を読めばその真実がわかる!

◎ 光を体験した臨死体験者は死への恐怖から解放される
◎ 臨死体験は、霊界の実在性を知らせる証人として選ばれた者が、最初から生還することを前提として、死後の世界を垣間見る体験
◎ 臨死体験は人類共通の普遍的な現象である
◎ 魂の姿となって物質世界から離れると、そこは「非物質」の世界
◎ すべては『実体のないイメージ』のみで経験される世界であり、自分の想念をそのまま目の前にイメージ化することができる
◎ 臨死体験者は、霊界の多層的領域の中のいわゆる天国と称される、愛と叡智と光に満ちた世界の実在性を証言する証人の役割を課せられている
◎ 臨死体験は、地獄より天国を見聞させることに意義がある
◎ 複数の人間が同時に霊界を垣間見る「臨死共有体験」とは?
◎ 霊的階位は百八十階位に分類され、その階位を一つ昇るのに約六十年(一生涯の象徴的年数)の歳月を要する
◎ 霊界は、多数の多様性のある「魂」が、「光の輝き」でその存在次元が定まる厳然とした光の階級世界
◎ 天人は、神善(愛善)と神真(神的真理)の霊的熱と霊的光に満たされた精霊であり、臨死体験者が遭遇した「光の生命(光の天使)」として活動している
◎ 光の体験者は、死後の世界は光に満ちあふれた至福の愛と叡智の世界である、との体験的な確信を持って地上世界へ帰還する