hotuma_ame_A
hotuma_ame_cover--hotuma_ame_cover--

真実の日本建国史最終巻 「秀真伝【ホツマツタヱ】シリーズ 「人の世の巻」」

¥3,600 (税込)

編著:千葉 富三
単行本ソフトカバー 〜大好評発売中〜
ISBN:978-4-908878-04-6

amazon購入

商品カテゴリー: ,

商品説明

人の世・初代神武から12代景行・日高見統一・日本武神上がりまでを扱うホツマツタヱ入門書。

秀真文字による五七調で記された、皇統を中心とした古代日本建国史・ホツマツタヱを「天の世の巻」「神の世の巻」「人の世の巻」の3部構成で読み解く。
大著・『甦る古代 日本の誕生』『甦る古代 日本の真実』の手引書となるシリーズ完結編。

鵜萱葺不合(うかやふきあわせず)(諱鴨仁)の子・神武(かんたけ)(諱武仁)が宮崎を出立、逆らう長脛彦(ながすねひこ)の頑(かたく)なを切り饒速日(にぎはやひ)が服(まつろ)い、飛鳥を統一(ひとつに)。
人の世初代天皇(あまきみ)・神日本磐余彦(かんやまといはわれひこ)(神武)として橿原(かしはら)宮に即位(神武天皇)。時に天鈴(あすず)58穂(皇紀元年。西紀前660年)。

第12代日本陽代別(やまとをしろわけ)(景行天皇)の子・日本武(やまとたけ)に高見産霊(たかみむすび)の9代裔(すえ)日(ひ)高(たか)彦(ひこ)以来別格1200年日高見(ひたかみ)の道奥(みちのく)が服い大日本(おおやまと)成る。天鈴827穂(皇紀770年。西紀110年)。

『古事記』『日本書紀』で隠された、古代日本(やまと)国(くに)づくり物語がついに完結する!