猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈上〉

¥3,666 (税込)

📖試し読み
著者名:四王天延孝
監修:板垣 英憲

amazon購入

説明

単行本ソフトカバー 絶賛発売中
ISBN:978-4-908878-01-5

このような見解も存在していたのか⁉︎ 戦争当時の様相がわかる貴重な文献。本書におけるユダヤとはもちろんユダヤを仮装する国際金融業者のことであろう。日本とユダヤの真の和合の研究のために役立ててもらいたい。

・本書は、第二次世界大戦当時、ユダヤの思想を正確に把握し、襲いかかるユダヤの陰謀を見破るために記された貴重な一冊である。世界のあらゆる問題の中心にユダヤ民族がひそむ――
ユダヤの陰謀は、時には地下にもぐり、時には潜水し――そして気がつけば時すでに遅し!
・第二次世界大戦はユダヤ戦争――彼らは聖戦と唱えていた!
・英国を使って各国を革命の混乱に導いた――ユダヤの指導する世界革命の先にはユダヤ民族が求め続けたユダヤ世界王国が出現する!
・日支事変、欧州戦の背後にユダヤ人の絶大なる働きあり
・米国の対日態度、英米の合作の陰にまたしてもユダヤあり
・英国及び英国人はユダヤ・フリーメーソンにとって、目的達成のための単なる道具であった…
・人類生活のどの分野を見てもユダヤ勢力を感じない所はない
・ユダヤの王は完璧でなければならぬ!
・ユダヤに反抗する国があれば、その燐国から戦争を仕掛けさせる――
一緒になって反抗するのなら世界戦争を引き起こす!
・我々が支配者となった暁には、ユダヤの一神教以外の宗教の存在は許さない!
・ユダヤの標語は“力”と“偽善”
・一人のユダヤの同胞の犠牲は神の前に於いては千人のゴイ(非ユダヤ人)に相当する
・ゴイの青年に嘘の原理原則を教え、欺き、腐敗させ、頽廃させてやる!
・ユダヤは嘲笑っている――ゴイの頭脳は動物以下、なんと先の見えないことか!
・ユダヤ人が用意した色眼鏡を通して世界の出来事をみていることすらゴイは気付いていないのだ
・ユダヤの仕事をごたつかせるゴイの死は早めてやる!
・ゴイの純動物的頭脳には物を解剖したり、観察したりする能力はない

両民族は互いの長所と欠点を補い合って――ともはつよし社は「日本とユダヤの結び」をつよく望んでいます!