新聞とユダヤ人

¥3,666 (税込)

📖試し読み
著者名:武田誠吾
監修:船瀬 俊介、ベンジャミン・フルフォード

E382A2E3839EE382BEE383B3E8B3BCE585A5E3839CE382BFE383B3-thumbnail2

説明

単行本ソフトカバー 絶賛発売中
ISBN:978-4-9908081-0-5

・何者が戦争を企画遂行し、その最終目標はどこにあったのか! ?
・戦時中の超極秘資料発掘――日本中枢は「國際秘密力」の恐るべき策謀を知り尽くしていた――しかし戦後、日本人からすっぽり抜かれてしまった情報、今なお暗躍する國際秘密力の情報がここに甦る!
・船瀬俊介「デーヴィッド•アイクはこう言った。『世界を紊乱させているのは、すべてロスチャイルド•シオニストの仕業である』と。それがこの本に出てくる米英ユダヤそのもののことなのである」
・ベンジャミン•フルフォード「ここに書かれている恐るべき策謀の数々は、ほぼ本当のことで間違いない。ただし、ユダヤ人のところは『ユダヤ•マフィア』と置き換えて読んでもらいたい。一般のユダヤ人もまたわれわれと同じ犠牲者なのである」
・新聞こそ、非ユダヤ国家を破壊するための革命軍隊だ!
・我々はユダヤの報道(新聞)によって誘導、教育され続けてきた――
・今になって知らされる“恐怖”もあるが、目を背けてはいけない。操られてきたこれまでの認識を、まずはリセットせよ! そして、隠されていた真実を見よ!
・ユダヤは世界中に寄生し、政界、思想界、経済界、官界、宮廷へ巧妙に接近する――
・第二次世界大戦下の日本、ユダヤの謀略思想を擊滅出来ていれば――
・ユダヤによる世界通信制覇の実態を暴く!
・新聞が真の本質と生命を失い、ユダヤ怪文書となる恐怖――
・如何にして:ユダヤ民族は全世界を征服すべきか?
・新聞という武器にあらざる武器を自由自在に操る卓越した能力!
・国籍、市民権を獲得し、気がつけば隣人に――
・欲望のためには、悪質な狂犬と化す!
・動物とみなす非ユダヤ人に仕掛ける四大謀略とは?
・思想を蝕み、全てを喰い尽くしてしまう貪欲さ――
・新聞はユダヤ人の馬である
・ユダヤ人は、馬に“謀略”をのせて世界中を傍若無人に駆け巡る!
・ユダヤ人による言論報道謀略の真実が明かされる!
・なぜ世界は今こう「在る」のか
・その原理、その思想、その淵源を辿る――
・日本人に深く秘かに浸潤した「我が心のユダヤ」研究叢書
・2つの民族の長所と短所を補い合って――ともはつよし社は「ユダヤと日本の結び」を切に願っています!