医療殺戮

¥3,666 (税込)

📖試し読み
著者名:ユースタス・マリンズ
監修:内海 聡
訳:天童 竺丸

amazon購入

説明

単行本ソフトカバー 絶賛発売中
ISBN:978-4-9908081-1-2

・内海聡氏絶賛! 「私の医師としての人生を転換させた書! 出来るだけ多くの人に読んでいただきたい驚愕の真実! 」
・多くの方々からのご要望、なかでも船瀬俊介さんからの熱烈ラブコールに応えまして、復刊させていただきました!
・どこをどう辿ってもロスチャイルド、ロックフェラーに収斂する
・これが現代医学の成り立ちと製薬トラストの独占体制だ
・ロックフェラー医療独占体制の下、アメリカ国民は覇気を失い、毎日大量に化学薬品を飲む国民に変わってしまった
・医師たちが処方するのはもちろんロックフェラー医薬独占体制が生産する高価な医薬品ばかり
・「人間性なき科学」が「道徳なき商業」と結びついたアメリカ医療体制の汚染された実態を告発する本
・我々の健康を脅かす「ボロ儲けの医療技術・医薬品」は既に日本に上陸している
・GHQに占領された日本からロックフェラーの医療独占体制に反対の声が上がることはけっしてないだろう
・米国医師会AMAはAmerican Medical Associationの略ではない、米国殺人協会American Murder Associationの略だ!
・エイズウィルスは予定通り米国国防総省によって開発された?!
・米国政府機関・疾病管理センターは、エイズが一般市民に蔓延する可能性を国民に知らせないよう、全力で活動した?!
・「私は決してガンの治療法を見つけません」誓約書にサインすれば研究助成金が出る?!
・米国ガン協会は自分たちの組織を存続させるためにガンの問題がなくならないように望んでいる
・症状が重いため放ったらかしにされたガン患者の方が、症状が軽くて治療を受けた患者より長生きしている現実
・日本もアメリカも国家ぐるみでこの犯罪に加担している
・アメリカに学んではいけない、歪んだ事実に違和感を抱け!
・アメリカからナチュロパシー(自然療法)・ホメオパシー(同種療法)が消えた――アロパシー(対症療法)はロスチャイルド家が発達させたドイツの医療制度
・脅迫された自然治療家は、廃業または国外逃亡するしかなかった
・現代医学は「死の教会」――その4つの「聖水」とは?
・養豚家に売れなかった「豚インフルエンザワクチン」の対象を人間に切り替えて利益を得る製薬会社
・ワクチンの安全性は、子供に実際に摂取するまでは証明できない
・米国公衆衛生局が推進した飲料水へのフッ化物添加で腎臓病・心臓病による老人の死亡率アップ
・フッ化物添加の真の目的は、一般大衆から政府に反抗する力を失わせ、自由を奪って彼らを完全に支配し、思うがままに操ることにある。
・フッ化物はナチスが発見した「言いなりになる大衆」製造兵器
・化学トラストを支配する寄生体は医療システムを支配して宿主を弱体化する
・本書はこの寄生体と戦うべく、日本を含めたすべての民族に向けられたメッセージである