孫人種六千年史の研究【第1巻】

¥3,666 (税込)

著者:三島 敦雄 (スメル學會伊予国一宮大山祇神社・元宮司)
解説:板垣 英憲

amazon購入

説明

単行本ソフトカバー 絶賛発売中
ISBN:978-4-908878-17-6

1945年、敗戦後の日本において、皇国思想・危険思想としてGHQによって焚書された幻の一冊が総ルビにて今甦る!シュメール文明はスメル文明……日本の天皇はスメラミコト……「スメル」と「スメラ」に隠された秘密とは?
【第一篇、第二篇、第三篇・第一段を収録】

・東方に日の出の大帝国を経営するスメラ(天皇)を中心とする天孫人種は、世界東西文明の祖人種・スメル系民族である。
・我が神聖なる皇室はスメル名称の本源。
・「神ながらの道」の理想信仰は、スメル時代より伝統の経国の大精神である。
・天孫人種の本源は、既に遠く有史以前に忘失されていた。
・従来の研究方法は神話言語等の類似暗号によって速断してしまう。
・スメル人は、紀元前五千年紀に既に象形文字や原始的楔形文字を使用していた。
・スメ(Sume)はセミット語の神の義、かれらは紀元前四千年紀にバビロニア北部に移入していた。
・ミコト(尊、命)、ミカド(天皇、帝)はセミチック・バビロニアンのミグ(Migut)、天降る者の義で神という言葉。
・スメル語で神の鎮護地をナグ(Nagu)、日神鎮護地をナグウツ(Nagu-Ut)…日本では変じて、ナグサ、ナガサ、ナギサ。
・バビロニア、アッシリアの菊花紋は旭日の美術化で、我が皇室の菊花紋章に共通する。
・古代における地名人名等はほとんど祭神名に起因していた。
・スメル人は黄色人種に近似し、世界人類中最大の眼を有し、まったく特異な容貌であった。
・天孫人種の伝統思想は「神ながらの道」で、その理想信仰はまったくスメル人の思想に淵源する。
・スメルの国においては君主も神の権化、国土も神の権化、人民も神の権化又は神裔であった。
・我が国おいても天皇はアキツ神、国土は神国、国民も天神地祇の裔である。
・君主も神、国土も神、国民も神裔という三位一体は地上高天原化の理想信仰。