星の子

¥5,500 (税込)

著者:天無神人(アマミカムイ)
B5変形ハード 〜予約受け付け中〜
2019年9月上旬頃発売予定
ISBN:978-4-908878-22-0

amazon購入

商品カテゴリー:

説明

◎ 選び抜かれた詩的な言葉とハートフルな絵であなたのココロに喜びをもたらす、
大人にも子どもにもおススメの、大切な人へのプレゼントにも最適な絵本です。

◎ 私たちはみんな、大宇宙のグレートマザー(偉大なる母)につながった
スターチルドレン(星の子どもたち)なのです。

「母から愛しいわが子へ。
幾世代にもわたって受け継がれる深い想いが、
魂の故郷である星の記憶を呼び覚ます。

母を想うあなたへ
母になるあなたへ
母であるあなたへ

子どもたち、そして全ての人へ。
天無神人(アマミカムイ)から届けられた最高の贈り物」

「ページをめくるたびに心が震え、涙があふれ出して止まらない」
感動のあまり号泣する人が続出! 

「妊娠中の方にプレゼントしたらとても喜ばれた」と口コミで感動の輪が広がっています!

~編集部より~
絵本の枠にとらわれない『星の子』の独特な世界

この絵本の作者である天無神人先生は不思議なお方です。
なんと他人の前世が見えてしまうというのです。
それも、はるか昔、銀河系の彼方の星で暮らしていたときの景色が
見えてしまうというのです。
先生の目に、それが一体どんな風に見えているのかは想像するしかありませんが、
そんな驚くべき特殊な才能をお持ちだからこそ、描かれる絵本の世界も、
とてもユニークなのは確かです。
なんと言っても、コントラストの強い色使いが強烈です。思わず引き込まれてしまいます。
見れば見るほど、子どもの感性に近いピュアな感性にあふれていると思います。
それから、言葉の一つ一つが、先生ならではの世界観で紡がれています。
「読むときの心の状態によって、読み返すたびに
違った意味で受け取れるようになる」そうです。
何通りにも意味がくみ取れる…そうなるように、言葉選びにはかなり苦心されたとのことです。
例えば、「想う」という言葉がありますが、先生によると「思う」とは大きな
違いがあるそうです。「思う」は一人で考えること。
「想う」は、一人ではなく、相手があって、相手を想うこと。
その「想い」は、私とあなただけでなく、私とあなたをつなぐ全ての人に、
いいえ、人だけでなく、私たちを取り巻く森羅万象に繋がるものだというのです。
私たちは誰もが宇宙や星と繋がっていて、魂の奥底にはその記憶が眠っているというのです。
母から子へと受け継がれ、また、子から母へと返る愛は、心を育み人生を豊かにします。
その愛の波動は、宇宙のすみずみまで響き渡っているのではないでしょうか。
この絵本は、ページを開くたびに、忘れていたピュアな心を呼び覚ましてくれます。
きっと、私たちはみんな、大宇宙のグレートマザー(偉大なる母)につながった
スターチルドレン(星の子どもたち)なのですね。
(編集部/アライ)

★天無神人(アマミカムイ)先生の著作物は、
ヒカルランドから続々発売中です!

『アカシックレコード13星団の秘密1前世を超えた遥かなる起源へ』
『アカシックレコード13星団の秘密2全てはこの地球(ほし)を救うために』
『アカシックレコード13星団の秘密3転生を司る存在との究極の対話』
『【宇宙の創造主:マスター】との対話①大巫女と天皇家こそは地球継続の鍵』
『アカシックカード26宇宙からの愛のメッセージ』