続編シリーズ 「天使になった大統領③」

¥3,600 (税込)

著者:坂の上零
単行本ソフトカバー 〜予約受け付け中〜
ISBN:978-4-908878-19-0

amazon購入

商品カテゴリー: ,

説明

アメリカ大統領を
10秒で暗殺せよ!

国際政治の裏、闇の住人の悲哀
国際スパイたちの欺きの大冒険

「君はあちら側の人間だ。私を暗殺しに来た君のことばを、
今さら、どうやって信じたらいいんだ? これも別の罠なのか?」

「私は死など恐れていない。人は何のために死ぬかに対して腹をくくれるからこそ、何のために生きるかも悟れるのよ。だから、ジル、あなたは、もう一度、なんのために命を懸けるのか、真剣に求めなさい!」

なんという力強い言葉だろう。これが女の言葉だとは!

「さあ、私の目を見なさい、ジル。人類を救うために、
あなたには生きていてもらわねばならない。だから、私は
あなたを命をかけて守る。生きてあなたをアメリカに帰還させるわ」

「ナターシャ・・・・君が憎い」

「じゃあ、殺していいのよ」 ナターシャは自分の白い首に
ニコルソンの両手を誘導し、ニコルソンは両手に力を込める。

ニコルソンは、ナターシャの首を絞めながら、
自分の葬式をしていた。
ナターシャ、愛してる、愛してる、愛してる、愛してる・・・・

己の使命、生きる理由とは何か。
求めても、探しても、見つからなかったが、闇が深すぎて、どこに行けばたどりつけるのか。
アメリカという国を、アメリカ国民の手に取り戻すために、一介の貧しい青年からアメリカ大統領にのぼり詰めたジル・ニコルソン。

しかし、ホワイトハウスに入るや、そこには宇宙の漆黒より深い闇の迷宮があった。
最初は、サンタやキースに言われるがままの政策を行っていくニコルソン大統領。

しかし、ナターシャと出会い、彼女に激しい恋心を燃やす中、ニコルソンは勇気を出して、自分の本来の使命を成し遂げていこうと立ち上がる。
そして、死を覚悟したニコルソン大統領の決死の反撃が始まる。
徹底的に「彼ら」の命令に逆らい、アメリカ国民のための政治を成してゆくニコルソン大統領。
ところが・・・大統領を暗殺する複数の動きが水面下で起き始める。

国際スパイたちに課せられたミッション。
10秒で、大統領を拉致せよ!
欺き、裏切り、悲しき国際スパイたちの国家をかけた大冒険と、息もつかせず死闘が繰り返される。
そして、人類の救済は、あるスパイの手に託された!
あなたは、この手に汗握るスリルに満ちた展開に耐えられるか。